ペットショップの仕事

ペット販売の仕事がしたいような人もいるのではないでしょうか。
ここでは、ペットショップでの仕事内容についてご紹介しましょう。
ペットショップでの仕事は、毎日の動物へのえさやり、掃除などのバックヤードの仕事から始まります。
接客してペットの販売が可能になれば一人前になります。

ペットショップの仕事は、大きく分類すると販売と生体管理に分かれます。
生体というのは販売するための動物のことです。
初めは生体管理を担当する場合が多いようです。
えさやりを毎日行うだけでなく、バックヤードで排泄物の処理、ゲージの掃除などを担当します。
動物が元気でいるための大切な仕事です。
これ以外には、お店の中の掃除、匂いでお客さんが不快に思わないように空調管理なども行います。
初心者はペット関係用品の販売や品出しも担当する場合が多いようです。

慣れて分かってくると、接客販売を担当するようになります。
販売できるように努力するだけでなく、ペットの飼育方法についてアドバイスを行ったり、質問に回答したりもします。

ペットショップは、猫や犬のみを取り扱う小さいお店から、フェレットやハムスター、うさぎ、爬虫類や鳥・虫や魚などを幅広く取り扱っている総合的なところまでさまざまです。
仕事内容も取り扱う生体の種類で違ってくるため、まず希望するペットショップの様子をチェックしてみましょう。
本サイトでは、ペット用品を販売する、動物の知識が無い、動物好きならできるか、についてご紹介します。

Copyright © 2014 ペット販売の仕事がしたい! All Rights Reserved.